花瓶 に 触れ た 歌詞。 ボカロ曲の「花瓶に触れた」の歌詞について皆さんの解釈を教えて...

花瓶に触れた 足首 歌詞情報

⌚ 「君」と一緒に出かけたものの「君」が向ける恋心の先が自分でなくなったことを知っているため、心ここにあらずで楽しむことが出来ずに「帰りたい」と思います。 皆さんも曲を聞いた上で大切な人に思いを伝えてみてはいかがでしょうか?. しかし会話が堂々巡りになっていて曖昧な距離まで感じてしまう。

13

花瓶に触れたの歌詞

💅 私的に考察していてここの歌詞の部分が一番大切だと考察します。 「家に帰り眠りにつくよ」の部分から分かる考察は「まだ家に帰っていないので外にいることが分かります」 なので前の考察で落ちていたおもちゃを足で転がす部分は、「外に落ちていたおもちゃ」を足で転がしていることが分かります。 空が傾きはじめた頃なので、朝日が昇ってきた頃の出来事だと言うことが歌詞から分かりますね。

1

花瓶に触れたの歌詞

✌ 爪の色が変わっている所を考察すると女性は心変わりしてしまった印象を感じますが、私が考察する感じだと「私の気持ちに気づいて欲しい」って言う女性の気持ちの方が強いと感じます。

11

花瓶に触れた 足首 歌詞情報

💔 花瓶に触れたの歌詞の美しさを知った ……。 その恋の色が自分に向けられているものか、その恋の色を気にするほどでもない関係であれば見て見ぬふりをする必要はないでしょう。

8

花瓶に触れた

🍀 きっとその言葉の後の続きは、思いを彼女に伝えることができたのでしょう。

花瓶に触れた

💕 花瓶に触れた全体的なまとめ。 言葉は途切れたまま。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

17

花瓶に触れたの歌詞

😙 深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 落ちた玩具 足で転がした きっとゴミの日に消えるだろう 明日は大事な日にしたいから 家に帰り眠りにつくよ 君の頬に残る 恋の色 気付かないふりを続けてる 堂々巡りの会話 終わらない様に靴を履いて 曖昧な距離は今日だって ぼやけて変わらないし 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで ドアを塞いで また隠し事 別にいいさ 知りたくもない 確かに塗り替えた 爪の色 気付かないふりを続けてる 柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)の君に 焦らないように下を向いて 心配なのは今だって 言葉は途切れたまま 比べたいと思った 違(たが)いの想いを全部 その願望は間近に 浮かんで消えた 飾らないでそんな 酷く声は潤んで わからないかなあ ぽつり 今日が終わるようだ 同じようで 違う今日だ こんな関係続けるのは 馬鹿馬鹿しい でも 伝えたい想いが言えずに時間が経った また歯痒い温度が募るけれど ただいまって言って 汚れた靴を見ないで いつも通りなら 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで 曲全体の背景が! 深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 落ちた玩具 足で転がした きっとゴミの日に消えるだろう 明日は大事な日にしたいから 家に帰り眠りにつくよ 君の頬に残る 恋の色 気付かないふりを続けてる 堂々巡りの会話 終わらない様に靴を履いて曖昧な距離は今日だって ぼやけて変わらないし 3時半まで起きていることでまず、何かしら「悩み」があることが分かります。

15